2014年05月01日

めでたい日


アプリ開発 ブログランキングへ

328:裁判長!;私には弁護士がイマス!?
329:みにくい@画面「涙のリクエスト」;活字統制フォントほんと民族意識


人気ブログランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

連合が主催する第85回メーデー中央大会が26日午前、東京・代々木公園で始まった。安倍晋三首相は「企業の収益は改善している。収益が賃金につながることが大切だ」と述べ、企業に賃上げを呼びかけてベースアップ(ベア)につなげた実績をアピールした。現職首相の出席は自民党政権としては小泉純一郎氏以来13年ぶり。

 政党幹部の出席は、昨年は民主党の海江田万里代表だけだったが、連合は今回、共産党を除く全政党に要請。海江田氏に加え、公明党の山口那津男代表、日本維新の会の松野頼久国会議員団幹事長ら与野党幹部が顔をそろえた。支援する民主党の低迷が続く中、与党を含めて関係を強化したいという思惑がにじむ。

 大会では「『人への投資』を経営に求め、労働者保護ルールの改悪に反対する」などとするメーデー宣言を採択した。


にほんブログ村

合意? 合意に至らず? オバマ米大統領の来日に合わせた環太平洋戦略的経済連携協定(TPP)交渉の日米協議をめぐり報道が大きく割れている。日米首脳会談の成果をまとめた共同声明に「前進する道筋を特定した」と曖昧な表現で盛り込まれたことで、さまざまな観測も広がるが、ベールに包まれたTPP交渉は進展していることは確かなようだ。


にほんブログ村

 甘利明TPP担当相は26日のTBS番組で、23〜25日のオバマ大統領の来日に合わせた日米協議について「実質合意とか、大筋合意とかいえるところまでいってない」と語った。その後、記者団に「1項目として全部決着したものはない」と強調してみせた。

 それにはわけがある。26日付朝刊の新聞各社の報道ぶりが分かれたからだ。

 産経新聞が「甘利氏『収斂(しゅうれん)へ前進』 大漂流…瀬戸際で回避」としたほか、日経新聞は「進展も合意届かず」、朝日新聞も「TPP妥結見通せず」と大筋合意に至らなかったと報じた。一方で、読売新聞は「日米実質合意 TPP妥結へ期待」とし、「合意」と位置付けている。

 ◆海外メディアも

 海外メディアは「米国と日本のTPP交渉での合意失敗で環太平洋地域の広範な貿易協議に大きな障害が残された」(英紙フィナンシャル・タイムズ電子版)などと報道。AP通信は、米政府高官が「大きな進展をみた」と強調したことも伝えている。

 交渉内容を外に漏らさないという参加各国との約束があり、公開される情報は乏しい。それだけに、業界団体や議会などのハレーションを警戒し「合意」という表現を避けている−。そんな臆測も広がる。

 実際の進展具合はどうなのか。重要農産品5分野の豚肉の関税引き下げや、自動車の安全基準の扱いで、なお対立が続いている。

 豚肉では、安い輸入品ほど高い関税がかかる「差額関税制度」で、米側は輸入価格が1キロ当たり64円程度を下回る豚肉にかける482円の関税を「2桁(数十円)」(交渉筋)まで下げるよう要求しており、折り合えていない。

 自動車では、日本の安全基準を米国が「参入障壁」と批判し、米基準も一部認めるように迫る。日本側は「人命にかかわる安全面で譲歩はあり得ない」とし、平行線のままだ。

 日本の牛肉の関税率(現行38・5%)の扱いでも、日本は日豪経済連携協定(EPA)で合意した20%前後への引き下げを目安としている。「1桁台前半」を主張した米国も軟化しているとされ、9〜20%程度の間で攻防が続いている。

 ◆「仕分け済んだ」

 ただ、甘利氏と米通商代表部(USTR)のフロマン代表の閣僚協議は「意味のある進展があった」(政府高官)とされる。交渉筋は「事務レベルで詰める項目と、政治判断が必要となる項目の仕分けが済んだことが大きい」と説明する。

 日本は重要5分野について1つずつ個別に決着させるのではなく、規制やルールと一体的に全体を進める交渉戦術をとっている。難航する豚肉の関税交渉が動き出したからといって、コメや砂糖の関税で合意できているわけでもない。甘利氏は26日、大筋合意の定義について「主要項目が決着し、あとは技術的に処理する問題が残っている状態」と指摘。「主要項目が決着した事実はない」と強調した。

 今後、5月中旬にベトナムで開催する首席交渉官会合に向け、日米両国は具体的な関税率やルール変更などの妥協点を探る。その後、シンガポールで予定される閣僚級会合にこぎつけられるかが焦点となる。(産経新聞)


にほんブログ村


ポールダンス ブログランキングへ
posted by ひよこ at 01:37| 兵庫 ☔| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。